2つの世界遺産が隣接するケアンズ!その南西に位置する魅惑のアサートン高原お役立ちナビへようこそ♪

ケアンズ南西!アサートン高原お役立ちナビ


熱帯雨林の巨木 〜世界遺産の熱帯雨林を少し大きめ写真で楽しむ〜
 熱帯雨林が持つイメージの1つに巨木があるかと思います。
そこで、アサートン高原周辺に残っている巨木をいくつか取り上げてみます。
注目ポイント!
 織田信長よりも前に生まれた巨木がちらほら。
熱帯なので成長も早く、樹齢たった500年程度でこんなにデカイ。

1億円の価値があるといわれたレッドシダー

サイクロンの影響で折れてしまい、板根と呼ばれる根の部分だけしか残ってません。

しかし、根っこだけでこの大きさです。

ツーリストにいただいた写真ですが、人(オレンジ色の部分。1.6mくらい)と比べると・・・。




絞め殺しイチジクの木といえば、カーテンフィグツリーが有名です。

でも、ほとんどの写真が左の写真みたいに、いつも同じ角度から。

でも、角度を変えると・・・


こんなに巨大。

右側の白い服を着た人間と比べると、これまた大きさが分かります。

ただ、写真と実際に見るのとではやっぱりインパクトが違います。

一生に一度は現地で見ておきたい巨木です。


ミラミラ近くにある巨大な滝。

右下にいる人と比べると、これまた巨大さが伝わるかも。

世界にはもっと大きな滝がありますが、ここは、周辺が熱帯雨林に囲まれていて、しかも、滝のあたりは絶壁。

現地に行くと眺めがいいです。

 屋久島に残っている屋久杉も写真では何度も見たことがありますが、いつか実際に屋久島に行って目に焼き付けたいと思っています。

 巨木は生きている樹木だからこそ、建造物とは違った魅力があります。

ギャラリー
 ユニークな植物
 熱帯雨林の巨木
 上空から見る熱帯雨林
 夕日・夕焼け
 早朝のアサートン高原

  
 オーストラリア基本情報
 魅惑のアサートン高原
 準備編
 みどころ編
 宿泊施設編
 交通事情編
 知ってておトク編
 トラブル回避・対処術
 お役立ちリンク
 その他