オーストラリアの交通・道路事情を知って快適旅行〜絶対に知っておきたい道路標識あれこれ

ケアンズ南西!アサートン高原お役立ちナビ


交通事情編〜道路標識あれこれ〜
 いろんな標識がオーストラリアにはありますが、その多くは図で書かれています。
 なので、分かりやすいのですが、いくつかあげてみます。

色で分けられた標識

 日本でも標識は色で分けられていますが、オーストラリアも同じです。

 赤系は、必ず守らなければならない重要標識。
 黄色系は、注意標識
 緑系は、道路案内(距離や町の名前など)。
 茶色系は、観光スポット案内です。

Give way:前方道路優先
 自分の道路には優先権がありません。
 Give way標識の先にある道路を走行中の車を優先する必要があります。

STOP:一時停止
 そのまんまですね(笑)。止まって左右確認しましょう。

Keep Left:左側走行
 一方通行の道路を除いて、常に左側走行です。

中央線での追い越しの可否
 
オーストラリアでは、中央線の色の違いがありません。
 追い越しの可否は直線か点線かで決まります。  

 中央線が直線:追い越し禁止 
 中央線が点線:追い越し可

 たまに、2本線の場合があります。そのときは、2本あるうちの自分側の中央線が点線か直線かで追い越しの可否が決まります。

Turn left at anytime with care
 「常時左折可」の標識です。この標識は、大きな幹線道路との交差点にある場合が多いです。
ケアンズ周辺だと、空港の道路から、ケアンズ-ディントリーを結ぶ1号線との交差点にあります。

 で、どういうものかを説明します。

 これは、その交差点に入って左折する必要がなく、左斜めにショートカットできるようなバイパス道路の構造になっています。
 で、左折車は赤信号の時でも、右側から来る優先車に注意(With Careの部分です)して左折ができるので便利ですし、渋滞解消になります。

 ケアンズ周辺では、市街地の2車線以上の道路の交差点や幹線道路の交差点には、「常時左折可」になっています。

Bumpの標識(コブのような標識)
 スピードを落として欲しいところに設置されていることが多く、実際に、道路上にコブが作られています。
速度を40kmや20km以下に落とすよう指示されていることが多いです。

 アサートン高原ではイッチム湖への道路、ケアンズ周辺では一部の歩道などでみかけます。

 

  
 オーストラリア基本情報
 魅惑のアサートン高原
 準備編
 みどころ編
 宿泊施設編
 交通事情編
 知ってておトク編
 トラブル回避・対処術
 お役立ちリンク
 その他