世界遺産バリーン湖(バリン湖)の観光情報・特徴・行き方

ケアンズ南西!アサートン高原お役立ちナビ


バリーン湖(世界遺産)
  バリーン湖は火山によってできたカルデラ湖。湖の周り残る熱帯雨林も含めて世界遺産!ヤンガバラからギリズハイウェイをケアンズ方面に走り、車で10分くらいの場所。

注目ポイント!(世界遺産)
 樹齢1000年の松の木、お土産屋さん、カフェ、遊覧船(約30分)、湖周の散策路がある。
カフェの「スコーンとティーはマジでおいしい♪(ローカルの人もよく来るらしい)」



 すばらしい景色が楽しめるバリーン湖。

 アサートン高原に残るバリーン湖。実はこの湖も世界遺産! このバリーン湖も近くにあるイッチム湖も火山の噴火口だったところに水が貯まってできたカルデラ湖なんです。 

深さはなんと・・・70mくらいあるそうです。


 湖畔から湖と熱帯雨林を望む写真をパチリ。

 写真には写ってませんが、ペリカンや水鳥も多いです。
水も当然キレイなので、中には、泳いじゃう人も(笑)。 

 1日に数回、30分程度のツアーの形で遊覧船が運航中。

 ペリカンが間近で見れたり、ひなたぼっこしているヘビが見れたりしちゃいます。猛禽類(ワシ?)への餌付けもある。。。



  湖に向かって左側の散策路を100mくらい歩くと樹齢1000年の松の木(カウリパイン)出現。 

 なぜか、ここだけに巨木が残っているそうです。しかも、2本も並んで(笑)。

 大きさがあまり伝わないようにしました(見てのお楽しみで♪)。気になる方は写真の周りの木と比べてみてください〜。


 もし、時間があれば、散策路も歩きたい。一周5キロありますが、景色を楽しみながら歩くと距離も忘れるし、小鳥のさえずりやオイシイ空気で元気が出る。

 スイスイ歩けます。

 で、その途中にあるのが、このカーテンフィグやカテドラルフィグと同じ絞め殺しイチジク。

 大きさでは負けますが、根の下をくぐることができるし、着生植物も間近で見ることができます〜。



 散策路を1キロくらい歩いたところに、なぜか開けているとこがあって、熱帯雨林と湖に挟まれたカフェなどがサァーと視界に広がります♪

 カフェや遊覧船が写ってますが、小さくてゴメンナサイ・・・。


 半分くらい歩くとベンチと簡単な展望台があります。

 右側の展望台から広がる景色をぜひ確かめてみてください!



 で、湖に面しているそのカフェ。

 写真を撮った時間がちょうどオフタイムだったのでほとんど人がいない。。。

 でも、ランチタイムや午後は席が9割近く埋まっちゃいます。紅茶とスコーンは絶品なのでお試しあれ。


  カフェには屋外席もあり、湖を見ながらアフタヌーンティーや食事を楽しめちゃいます。

 時間に追われずに、のんびり楽しみたい場所かなぁ〜としみじみ思います。


  
 オーストラリア基本情報
 魅惑のアサートン高原
 準備編
 みどころ編
 宿泊施設編
 交通事情編
 知ってておトク編
 トラブル回避・対処術
 お役立ちリンク
 その他