海外旅行に必携なパスポートの取得方法・必要な書類・取得にかかる時間

ケアンズ南西!アサートン高原お役立ちナビ


パスポート申請の方法
 海外旅行に絶対必要なパスポートは余裕をもって申請したい。
 間に合わなくなったらシャレになりません。

 パスポートに関する情報は、パスポートを発給する外務省の「パスポートAtoZ」に詳しいです。

 ただ、情報量が結構あるので、ここに簡単にまとめました。
ザーッと読んでみてはどうでしょう。

パスポート取得までの簡単な流れ

 まず、パスポートは5年有効、10年有効の2つから選べますが、20歳未満の人は5年有効のパスポートしか申請できません。

 で、手続きの流れは、「申請書類準備→窓口申請→申請者本人が受け取り(代理での受け取りは不可)」です。

パスポート取得のための必要書類(全部で6つ)の準備
一般旅券発給申請書 1通

戸籍謄本又は抄本 1通

住民票写し(住民基本台帳ネットワークシステムの運用を開始した都道府県の申請窓口で申請をされる方は、原則不要) 1通

写真(縦45mm×横35mm。6ヶ月以内に撮影したもの。) 1枚

未使用の郵便はがき(郵便事業株式会社が発行する通常はがき) 1枚

身元確認書類(運転免許証等)

注意点:
 戸籍謄本(妙本)、住民票の写しは作成後6ヶ月以内、写真は6ヶ月以内に撮影されたもの。
 印鑑は、申請書類等に申請者本人又は法定代理人が署名(記名)する場合には不要。
 身元確認書類は、運転免許証、船員手帳、写真付き住基カードなどは、1つでOK。これらを持っていない場合はAから2つか、AとBから1つずつを提示する必要がありまう。

 A:健康保険証、国民健康保険証、共済組合員証、船員保険証、国民年金証書(手帳)、厚生年金証書、船員保険年金証書、恩給証書、共済年金証書、印鑑登録証明書(登録した印鑑も必要)等
 B:学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書等で、写真が貼ってあるもの

窓口で申請

書類を全部そろえたら、住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で申請します。
申請から受領までに、土日・祝日を含めずに約1週間かかるので気をつけましょう。

注意点:
 未成年者(20歳未満の未婚者)が申請する場合は、「法定代理人署名」欄に親権者(父母またはそのいずれか一方)又は後見人が必ず署名する必要があります。
 親権者又は後見人が遠隔地に在住し、申請書に署名ができない場合には、親権者本人又は後見人の署名のある同意書を提出して下さい。

パスポートの受け取り

 パスポートを受け取れるのは、申請者本人だけです(法律で決まっています)。たとえ家族であっても代理人では受け取れません。
 これはパスポートが最上位の身分証明書であるため、パスポートの写真と申請者が同一人物に間違いないかを確認しなければならないためです。

受け取るための必要書類は以下の3つです。
申請の時に渡された受理票(受領証)

手数料(必要額の収入証紙及び収入印紙を受領証に貼付して下さい)

10年間有効のパスポート(20歳以上) 16000円
5年間有効のパスポート(12歳以上) 11000円
5年間有効のパスポート(12歳未満) 6000円

注意点:
12歳未満の人の手数料は減額されます。
手数料のうち、2000円は都道府県収入証紙で、残りは収入印紙です(例、16000円のうち、都道府県収入証紙2000円、収入印紙14000円)

申請の時に提出し、自宅に送られてきたハガキ

参考サイト:外務省の「パスポートAtoZ

  
 オーストラリア基本情報
 魅惑のアサートン高原
 準備編
 みどころ編
 宿泊施設編
 交通事情編
 知ってておトク編
 トラブル回避・対処術
 お役立ちリンク
 その他